裁判

法的な解決をする

小槌

ある日突然、会社から解雇を言い渡されてしまう。近年、そのような事態も増えてきました。このような状況になってしまった場合、どのように対応を行うか悩むということも多いです。しかし、中には本当に会社を辞めないと行けなかったのかと疑問を感じるような場合や、会社にはもう戻りたくないけれども解雇には納得行かないというように感じる人も多いです。解雇には明確な理由が必要であり、理由によっては不当解雇と判断することができるという場合も多いです。解雇を言われた場合は、まずは労働基準監督署に相談に行くという方法があります。会社に労働基準法違反があれば動いてくれますが、解雇の効力を取り消すということができるわけではありません。法的な手段を見据えて相談を行いたいという場合は、弁護士に相談するという方法もあります。

不当解雇に該当する場合として、最近増えてきているものが、産休中の女性に対する解雇です。産休中で働くことが出来ないという場合に、解雇を行うということがあります。また、女性労働者が結婚や妊娠、出産したことにより、解雇が行なわれるというケースもあります。このような場合は、弁護士に相談を行うことにより法的な解決を行なってくれることがあります。不当解雇に関する裁判は、3~4ヶ月で解決するという場合もあります。早期解決を目指している事務所もあるので、生活もあるから早めに解決したいという時にも利用することが出来ます。また、女性の依頼者が女性弁護士を希望するということも多く、女性弁護士の対応が可能な事務所も出てきています。